OSEALフォーラム たこ焼き人気 / 2012.11.9

11月9日に開会式が行われた第51回OSEALフォーラムin福岡。この日は、午前中、福岡市の福岡サンパレスホールで地球環境セミナーが開かれ「アジアの生活環境問題」と題して、歌手、元国連環境計画親善大使の加藤登紀子さんの司会で、生活排水やごみ処理など、アジア各国が抱える都市部の生活環境の悪化と、これを克服するための試みなどについて、報告や討議がありました。福岡北ライオンズクラブからも多数参加しました。

開会式は、午後1時半、マリンメッセ福岡で開かれ、各国、各地から来福したライオンズクラブ会員が一堂に集いました。またマリンメッセ福岡特設会場では「九州のフードフェスティバル」が催され、さまざまなファストフードや飲み物が提供販売されました。

福岡北ライオンズクラブは、約20名を動員し、日本伝統の「たこ焼き」屋をオープン。午前8時から仕込みを行い、手慣れたメンバーが、中は熱々ふわふわで、外はカリッと焼きあげたたこ焼きを作っては、販売。外国のお客さんにも「delicious octopus fritters!」と呼びかけると、珍しいのか、飛ぶように売れました。

フォーラムは10日、国際プログラムセミナー、ソーシャルメディアセミナー、LCIFセミナーが行われるほか、ミニフォーラム「明日のライオンズを考える」、レディースフォーラムも開かれます。11日は閉会式が行われます。

また、11日は、福岡北ライオンズクラブの結成35周年式典が福岡国際ホールで開かれ、内外から集まった100名を超す大規模パーティが行われます。本番に備え、担当の皆さんは、横断幕や垂れ幕、パンフレットや記念誌の最終チェックに余念がありませんでした。

写真一覧